大阪の家庭教師として受験の直前に何をさせるか

三年生の冬がやってくると、いよいよ受験ということで、大阪の家庭教師としても気が引き締まると思います。

直前の冬休みになると、大阪市内の大手予備校は、直前指導と冬期講習で一気ににぎわいます。やはり最新の受験情報は、大手が強いのは事実なので、冬期講習だけ参加する生徒も多くいるからです。家庭教師でずっと教えてきた子がいる場合、直前の冬休みには、大阪の予備校の冬期講習へ参加させるのもよいのではないかと思います。理由のひとつは先に述べたように、受験の最新情報を拾ってこられることと、ライバルたちに囲まれて、気持ちがさらに昂揚するのを期待してです。

もちろん、家庭教師として、自宅でも指導することになるので、その予定をきちんと立てておきましょう。すでにこの時期には、入試の出題範囲をすべて勉強し終えていますので、あらためて弱点の補強と、まとめプリント、そして志望校の過去問などをくり返し解かせるのが定石かと思います。入試の直前においては、今さらレベルの高い、新しい問題集などをやらせるのは好ましくありません。解けない問題が多くて、自信を無くては元も子もないからです。

生徒の志望校のレベルにあった問題を、自力で解けるようになっていれば十分です。家庭教師の作ったまとめプリントは、時間があるときにはくり返し確認するようにさせましょう。知識の定着を期待するのはもちろんのこと、安心感につながります。受験はこれまで頑張ってきた力を最大限に発揮させなければなりません。生徒のメンタル面にも十分気を付けてあげてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *