一戸建てと集合住宅の比較

賃貸生活を経て自宅用の住居を購入するにあたって最も重要な点は、一戸建てにするか集合住宅にするかという点です。
一戸建てと集合住宅のそれぞれについて、どのような特徴があるかを整理してみます。


まず、一戸建ては壁などを共有していないので、居住者が発する音が迷惑にならないかを気にする必要がありません。

そして、ペットを飼うことに制限はなく、リフォームの自由度も高いです。

さらに管理費や共益費、駐車料金といった費用も発生しません。

ただ、ごみ置き場の清掃や自治会が行うパトロールへの参加など、いわゆる「ご近所づきあい」に関係する義務をこなすのが負担になってしまう場合があります。また、購入時に建売住宅にするか注文住宅にするか、土地に対してどの程度の費用をだせるか、といった点も大切な検討事項です。


集合住宅の場合、大規模開発で建てられたものの場合は、共有設備が充実していることが多いです。敷地内に広いグラウンドがあったり、居住者専用の保育所、来客用の宿泊スペースなどが備え付けられている集合住宅もあります。



そして集合住宅は、近くに大型スーパーがあったり駅から近かったりすることも多いため、生活には非常に便利であるといえます。

さらに集合住宅は耐震性や防火性も高いものが多いため、万が一の場合に非常に強いです。



しかし、集合住宅は壁、床、天井を上下左右で共有しているために、自分の生活音が迷惑にならないかを注意しなければなりません。



そして最近ではペット可のものも増えてきたとは言え、ペットを飼うには制限があることも事実です。

住居購入の際は、今のライフスタイルがどういうものか、さらに将来はどのようなライフスタイルを送りたいかをしっかり考えた上で、その他の条件にも合うかをじっくり検討することが大切です。


あなたに合った条件で東陽町の賃貸を調べるならこのサイトです。

本物の泉佐野の新築一戸建ての分かりやすい情報はこちらのサイトです。

都内の中古マンションサイトで情報を入手してみて下さい。